債務整理とは

債務整理とは、大きく分けて任意整理、民事再生、自己破産、過払い金請求の四種類があります。
任意整理は、司法書士の方に依頼し、消費者金融の方に返済方法や、返済額について交渉する事です。
利息制限法の上限金利を超える金利で借りている場合には、利息制限法による引き直し計算を行い、過去に払い過ぎている利息を、支払わなければいけない元本から引くなど、借金額を減らす交渉もしてくれます。

民事再生とは、平成12年の4月から実地している再建型の倒産手続の事です。
特徴としては、債務超過や支払不能に陥っていない場合でも、将来的にその可能性があれば申請できる事です。
例えば、無理な資金繰りの為、借金返済が難しく潰れそうにはなっているが、事業自体は順調で黒字が出ている場合などに利用されます。
貸している側は、倒産してしまってお金が返ってこなくなるよりは、借金の減免をし、働かせて借金返済をさせたほうが得だお判断された時に利用されます。

自己破産とは、借金の返済が不可能になってしまった時に、裁判所で全ての借金を免除してもらう手続きの事です。
自己破産が裁判所に認められれば、滞納している税金などを除くすべての債務を支払う必要がなくなります。
その手続きを行うと、車や高価な貴金属、パソコンや車など、一定以上の価値のある財産は、お金に換えて、債権者に配当されます。

過払い金請求とは、消費者金融などに、利息制限法を超えて支払ってしまった利息の返金を求める請求の事で、しっかり法律で認められている請求です。
弁護士に依頼すれば誰にも知られる事なく請求できますのでおすすめです。

このサイトでは、債務整理についての情報をまとめてみましたので、これから債務整理を行う方は、是非、参考になさってください。